東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)をお探しなら【ロイヤルのサ高住ネット】

入居に関する相談・質問 お気軽にお問い合わせ下さい
0800-888-6186
 
お役立ち情報
サービス付き高齢者向け住宅

見学時のポイント

サービス付き高齢者向け住宅を実際に見学する際には各ポイントをチェックして、どんなに小さな疑問でも残さないようにしましょう。

サービス付き高齢者向け住宅は、長く生活する可能性が大いにあります。その為、どんなに小さな疑問でも残したままご入居されることはおすすめ致しません。
気になる点は運営会社の方に腑に落ちるまで聞いておきましょう。知らなかったことで、すれ違いが起き、入居後の大きなトラブルにつながる事もあります。また、ご自身だけのトラブルだけでなく、ご家族様にも多大なご迷惑がかかることもあります。
実際に見学をする時には、以上のポイントを意識してチェックをしてみてください。

サービス付き高齢者向け住宅のチェックポイント

設備編

おもなチェックポイント

  • ①居室の広さは十分か
    7割は床面積が20㎡以下で、狭い居室は要介護者向けです。
  • ②居室の設備は、希望の生活スタイルにあっているか
    居室に浴室、台所などの設備や収納が揃っていないと希望する生活ができないケースがあります。お身体の状態によっては、これらの設備は不要なケースもあります。
  • ③居室の玄関に鍵がついているか。
    見守り優先で鍵がなかったり、玄関ドアを開けっ放しにする住宅もあります。
  • ④洗濯物は干せるか
    物件によっては、ベランダに洗濯物を干せないところもありますので、確認してください。
  • ⑤居室に緊急通報装置が複数設置されているか
    ベッド脇だけでなく、浴室やお手洗いにも設置されていれば、より安心です。
  • ⑥防災・災害対策は十分か
    非常用電源、居室のスプリンクラーの有無などを確認してください。

サービス編

おもなチェックポイント

  • ①共用部分に食堂などがあり、入居者同士の交流を何か行っているか。
    入居者同士の交流は、老人ホームほど多くありませんが、少しでもあると生活にハリがでます。
  • ②生活支援サービスには何を含むのか。
    生活支援サービス内容は物件により様々です。緊急通報装置を1回押すだけで100円というところもあります。
  • ③生活支援サービス以外にも、有料オプションサービスがあるか。
    常駐する職員が行うサービス(介護保険外のサービス)があるのか。料金体系は明確なのかを確認しましょう。
  • ④希望にあった食事提供か
    「治療食や介護食の提供はあるか。」「食事場所は食堂か、居室か」など。

緊急対応・常駐スタッフ編

おもなチェックポイント

  • ①緊急通報装置で通報した際の到着時間
    何十分もかかるようだったらあまり意味がありません。「どこから」「誰が」来てくれるのかを確認してください。
  • ②安否確認の実施方法
    人が居室に訪問して行うところや、居室にセンサーを使った安否確認設備等様々です。
  • ③常駐する職員は、適切な資格を持っているか
    介護福祉士や介護職員初任者研修以上の資格を持っていると心強いです。
  • ④職員は24時間常駐しているか
    日中の時間のみスタッフが常駐するところもあります。
  • ⑤建物内に入った時に、フロントスタッフがいるか。
    フロントがあるのに、窓がしまっているところも。外出時に挨拶がある生活は大切です。

その他編

おもなチェックポイント

  • ① 外出や家族・知り合いの訪問は自由か
    老人ホームのように規則が多いところもあります。
  • ② 地域の自治会に加入しているか。
    地域との日頃の交流をチェック。
  • ③ 住んでいる方が、介護サービスを利用しているか。
    介護サービスが必要になった際の、現地の対応を確認。
  • ④ 医療行為が必要な入居者を受け入れるか。
    在宅酸素や胃ろうなどの医療行為以外にも、「認知症」になった際の対応も確認するようにしてください。
  • ⑤ スタッフ、お住いの方の雰囲気は?
    建物内でお会いする方々の雰囲気が自分にあっているかはとても大切です。
  • ⑥ 経営母体は信頼できるか。
    設備ばかり重点において、サービス面が手薄ではないかなど、期待しているサービスが提供されているかをしっかりチェックしましょう。
ページの先頭へ